LINEのアイコン何にしてる?複数交換で勝利を掴む2ポイントとは

ライター&コラムニストharakoが、ドレスアップパーティを楽しむためのプチコラムをお届けしています。第14回目は、LINEのアイコンを意識して、モテるテクニックについて考えます。

「LINE交換しましょうよ♪」と、複数人数と連絡先を交換したものの、後から顔と名前が一致しない!なんて経験はありませんか?
あの人って誰だっけ…と迷われてしまっては、スムーズなやりとりができず機会損失に。
そこで、今回はLINE特有であるアイコン、ペンネームの使い方をご紹介したいと思います。

2つのLINEの特徴を掴もう!

普段何気なく使っているLINEですが、自分のための使い方ではなく、交換相手のための使い方に変えてみましょう。

①アイコン

まずは、LINEのプロフィール写真です。
よく見かける画像としては、

  • 風景の写真
  • ペットの写真

がありますが、実はこれはNG。
自分が気に入っている写真をプロフ画像にしてしまいがちですが、思い切ってアイコンは自分が写っているものにしましょう。

後から連絡をした時に「あ、この人か♪」と安心感があると同時に、時間がたった後でも思い出してくれるチャンスが増えると思います。

②名前

そして、お次は名前。
Facebookのように本名を出さなくても、LINEの表示ネームは自由に変えることができます。

本名はちょっと恥ずかしいから…!と、普段呼ばれているペンネームや、イニシャルだけを記載している方も多いのではないでしょうか?
今まで交友関係があってLINE交換をするなら良いですが、パーティで初めて交換するならば、無難に本名を入れるのがベスト。

実名が入っていた方が、信頼が築けると思います。

印象に残る、縁つなぎを♡

LINEの使い方、できているようで以外と名前とアイコンが自分ではない方が多い印象です。
連絡先は自分のアピールの場。

デートの約束に繋がる第一歩に、ぜひシフトチェンジしてみてくださいね♪

by_harako

ABOUTこの記事をかいた人

◆ライター&コラムニスト

小さな疑問や発見からコラムを展開することを得意とし、常に「Why?」を求めて探索する毎日。 DUPBlogでは、男女の動きやパーティマナーをお届け中!