ドキドキから、安心感のあるパートナーに変わるには3つのステップがあった

ライター&コラムニストharakoが、ドレスアップパーティを楽しむためのプチコラムをお届けしています。第41回目は、男女の二人がより親密になるためのステップを考えます。

恋愛には、見えない3つの段階があるって、ご存知でしょうか?なんだか気になる相手から、カップルになるまでのプロセスを、紐解いていきたいと思います。

ステップ①刺激

はじめに、お互いになぜか気になる存在になるには「刺激」が必要。そのきっかけは、趣味が合う、見た目がタイプ、話していて面白いなど、なんでもOKです。

当パーティでも、大人数で開催するイベントでは、まず大勢の男女の中から連絡先を交換するというアクションを起こす必要がありますよね。そう、まずは「もっと話してみたいかも」が始まりなのです。

ステップ②楽しさ

次はデートを重ねる中で、この人と一緒にいると「楽しい」という時間を過ごせるかどうかに変わっていきます。

はじめの印象は良かったのに、長時間のデートでは、なんか話が合わなくなってきた、緊張してしまって気持ちを緩めることができない、などの波長を合わせる作業が必要なのです。

ステップ③役割

興味はあるし、一緒にいて楽しい。しかし、あと一歩踏み出せない理由はどこにあるのでしょうか?その理由は、お互いの「役割」が作れるかどうか。

男性ならば本気で相手のことを考えるが故に、経済力に不安があってスタートがきれない。または、結婚を考えている女性ならば家事に自信がなくて、仲が深まることに気がひける。などなど、考えられることはたくさんあると思います。

長い交際を考え、その先に結婚を意識するほど、この「役割」に対して真剣になるのではないでしょうか。うまく、男女で分担する必要があると思います。

恋愛の階段を登る感覚とは?

恋愛は全く違った環境で知り合った男女が、高め合う成長材料の一つ。
すぐにステップが上がることは難しいかもしれませんが、一つ一つ階段を登ることで、育っていくものだと思います。

ぜひ、楽しみながら感じ取って見てくださいね♡

ABOUTこの記事をかいた人

◆ライター&コラムニスト

小さな疑問や発見からコラムを展開することを得意とし、常に「Why?」を求めて探索する毎日。 DUPBlogでは、男女の動きやパーティマナーをお届け中!