マナー改善で3倍もてる!意外と知られていない立食パーティーのマナーとは

こんにちは!ドレスアップパーティーの今井です。
今日は少し分かりづらい立食パーティーのマナーについてご紹介させて頂きたいと思います!

目次
① 立食パーティーとは
② メリット、デメリット
③ ドレスコード
④ ビュッフェの正しい取り方
⑤ 交流の仕方
⑥ まとめ

⑴ 立食パーティーとは

立食パーティーとは各自の席が用意されていない、ブッフェスタイル(セルフサービス)にしたものの事をいいます。
最近では“結婚披露宴”も立食形式で行う事が増えてきました。

立食で行われる事が多いパーティー
① 結婚式2次会
② ビジネス上でのパーティー
③ 同窓会
④ 誕生日会

結婚披露宴等など、ご年配の方も多く参加される可能性があるパーティーは着席で行われるケースがほとんどです。

⑵ メリット、デメリット

立食パーティーは様々な面に於いてメリットの多いスタイルですが、その反面注意しなければいけないデメリットもあります。

メリット

① 沢山の方と交流が出来る。
何と言ってもこのメリットが1番大きいのではないでしょうか?着席形式で席が固定されてしまうとお話したい方がいても気軽に席を立って話しかけに行くのはマナー違反です。

② コストパフォーマンスが良い
 着席形式のパーティーの場合、大概がコース料理となりパーティー会費が高くなる傾向にあります。パーティーの目的の多くは交流ですので、コスト面に於いてはコスパが良く沢山の方と交流出来る立食パーティーは優れていると言えます。

デメリット

① 長時間立ちっぱなしで足が痛くなる

立食パーティーでのデメリットは「立ちっぱなし」で足が痛くなるという点です。特にヒールをはいた女性とってパーティー中立ちっぱなしは大変です。そんな時は無理をせずに会場隅に設置された椅子で休憩するなどしながらパーティーを楽しむと良いです。男性の皆さんはそんな女性を見かけたら、椅子を譲ってあげたりすると好印象です。

② お料理はコースよりもライト 

人にもよりますが、立食ですので着席スタイルの様なコース料理ではなく立ったままでも食べやすいピンチョス等のライトなお料理が中心です。パーティーは食事を楽しむ事よりも交流がメインとなりますので、立食パーティーでのビュッフェはおつまみ程度のイメージを持っておいた方が良いかもしれませんね。

⑶ ドレスコード

パーティーに於いてのドレスコードは非常に重要なポイントです!各会のコンセプトに合わせたドレスコードで出席する事が非常に重要です。カジュアルな会であっても初めて会う人も多い場所ですので最低限の身だしなみで参加する様に心がけましょう。

(例)ホテルのスイートルームで開かれる友人の誕生日会に招待された場合

こんな経験ある方は非常に少ないと思いますが、この場合はどのようなスタイルで参加するのが望ましいでしょうか?
大抵の場合主催者側からドレスコードの指示はあると思いますが、このケースの場合ホテルのスイートルームとラグジュアリーな空間という事もありますが、コンセプトが友人の誕生日会ということなので男性であればジャケットスタイル、女性であれば華やかなワンピースが望ましいと思います。

⑷ ビュッフェの取り方について

ビュッフェでのマイナスポイントワースト3
① 盛りつけが汚い
② 偏って大量に盛りつけている
③ 会話よりも食事に夢中

これは本当に性格が出てしまうポイントです!ビュッフェは一枚のお皿に乗る量をバランス良く取るのが基本です。
取り方に詳しいルールはありませんが、冷たいものと暖かいものを同じお皿にするのはNGですので注意しましょう。
お料理を乗せたお皿を持ちながら交流しますので、極力奇麗に盛りつけると空いてからも好印象だと思います。
その他についつい偏って取りすぎたり、食べきれない量を取りすぎたりするのも絶対にNGです。
一人の方が偏って取りすぎてしまうと他の方の分が無くなってしまいますので、他の方の事も十分気遣いながらパーティーを楽しむ用に心がけましょう!

(5) 交流の仕方

交流中のマナーもいくつかありますのでご紹介させて頂きます。

①興味の無い方に声を掛けられても大人な対応
興味の無い相手でも大人な対応に心がけましょう。間違っても露骨な態度や無視をしたりしない様にご注意下さい。その行動が相手に嫌な想いをさせてしまうだけではなく、パーティーの空気を乱してしまう事にも繋がります。

②途中退席は絶対NG
途中で席を立つのは全てのパーテイーに於いてマナー違反となります。どうしても途中退席をしなければいけない場合は、事前に主催者へと連絡をいれましょう。

③会話を楽しんでいる所への割り込みはマナー違反
会話を楽しんでいるところへいきなり割り込むのは絶対にNGです。その場合は話の切れ目を狙って話しかけるのが良いと思いますが、どうしてもという場合は一言お伺いを立てるのが常識です。

(6) まとめ

いかがでしたでしょうか?スマートにパーティーで交流する姿は様々なケースで相手に好印象をもたらします。
立食パーティーでの立ち振る舞いが上品な方はそれだけで得をしていると言っても過言ではありません。
ちょっと気を遣えばそこまで難しい事ではないと思いますので、是非次回から実践してみて下さいね!